トップイメージ

白髪染めによるアレルギー症状を未然に防ぐパッチテスト

ドラッグストアなどに売られている白髪染めは、髪を染色するためにジアミン系の酸化染料 (パラフェニレンジアミンやパラトルエンジアミンなど、○○ジアミンと表示されているもの)が成分として含まれています。

この「○○ジアミン」という化学物質にアレルギー体質の方は反応してしまうことが多く、発疹、発赤、かゆみ、水疱、刺激といった症状があらわれます。

そのため成分表示をみて「○○ジアミン」とある酸化染料を使った白髪染めを使う場合は髪を染める48時間前にパッチテストを行わなければいけません。

パッチテストで重要なのはテスト部位(腕の内側)の観察は白髪染め液を塗布した30分後と48時間後の2回行うということ、それから白髪染めを使うときは 毎回行うということです。ここは重要なので繰り返しますが、毎回、必ずパッチテストは行うようにしてください。

その理由はというとこれまでに異常なく、その白髪染めを使っていたとしても化学成分が経皮毒として頭皮から体内に浸透し続けた結果、ある日突然、アレルギーを発症することがあるからです。 なお、パッチテストで皮膚の異常を感じた場合は、すぐに洗い落として髪を染めることはしないでください。

植物染料100%の白髪染めでもアレルギーのリスクは0ではありません。

アレルギー症状がでないようと「無添加」の表記があるものや「ヘナ100%」といった植物成分100%のヘナの白髪染め を選ぶ人もいると思いますがそれだけでは安心とはいえません。

というのも無添加といっても自分のアレルギーと関係のない成分が無添加で、関係のある成分は配合されているかもしれませんし、植物成分も「うるし」が有名ですが、かぶれることは普通にあるからです。

化学成分によるかぶれは原因がわかりやすいだけに対策もたてやすいのですが植物成分の場合、原因が複雑になりがちなので何に対してアレルギーを起こしているのかなかなか原因をつかむのが難しいといわれます。 そのため髪や頭皮にやさしい植物染料を使ったタイプの白髪染めであってもパッチテストは必ず行うようにしてください。

白髪染めでアレルギー反応がでたら一生使えない!?

ジアミンアレルギーであれば「○○ジアミン」という表記がある酸化染料を使用した白髪染めは使えません。パッチテストをして皮膚に異常が出る場合、その白髪染めに使用されている何らかの成分に反応しているので その成分が何なのか判明するまでは使わないほうがいいでしょうね。

皮膚の異常に気づかず、あるいは我慢すれば使えないことはないとして、くり返して使い続けると、全身じんましんや呼吸困難、意識障害などの重いアレルギー症状に発展することもあるので非常に危険です。

白髪染めによるアレルギーの7割はジアミンアレルギーなので、もしアレルギー反応がでてしまったら、白髪染めは、ジアミンが配合されていないオハグロ式と呼ばれる非酸化染毛剤か半永久染毛料の白髪用ヘアマニキュアを使うほかありません。

この2つには酸化染料が使われていませんので、白髪染めにかぶれたことのある方でも、染毛できる場合があります。ただ、非酸化染毛剤や白髪用ヘアマニキュアに含まれる成分に反応することもあるので使用の際は必ずパッチテストをするようにしてください。

サイトMENU

サイトMENU

Copyright (C) 2012 白髪染めによるアレルギーの基礎知識. All Rights Reserved.